名古屋栄objectのワッペンの値段は?予約方法や行き方も調査!

(PR)本ページにはプロモーションが含まれる場合があります
生活

2023年4月28日に、韓国発の人気店objectが名古屋に初上陸しましたね。

オリジナルのワッペンを使った小物作りが大人気!

そんなワッペン作りの値段や、予約はできる?どうやって行くの?など紹介していきます。

<この記事で分かること>

  • 名古屋栄objectのワッペン作りの値段は?
  • 名古屋栄objectは予約できる?
  • 名古屋栄objectの最寄り駅や行き方は?

名古屋栄objectのワッペン作りの値段は?

objectで人気のワッペンを使った小物作りの値段は、土台+ワッペンの合計金額です。

ワッペンは1つ100~500円くらいで、大きいものが値段も高くなりがちです。

土台はものによるので値段も色々で

  • キーホルダー:1500円くらい
  • カップホルダー(コーヒースリーブ):1500円くらい
  • マスクポーチ:2000円くらい
  • キャンバストート:3000円くらい

その他値段の調べきれなかったものを含めると

  • 巾着
  • ぬいぐるみ
  • エコバッグ
  • パスケース

などありました!

他にもまだまだありそうで、事前にある程度決めておかないと迷ってしまいそうですね。

このベースになるものを選んでそこにワッペンをつけていくのですが、ワッペンの数や大きさでずいぶん値段は変動するようで

  • キーホルダー作って3000円
  • ペンケース作って6500円
  • 小さめキーホルダー作って2000円
  • たくさんワッペンつけたら4500円

などの声がSNS上では見られました。

やっぱりワッペンが可愛すぎてたくさんつけたくなって、思っていたより高くなった…という声が多かった印象です。

せっかく行けたなら我慢せずに満足できるものにしたいですよね。

ちょっと高くなることも想定しつつ行けると良いですね!

これだけ人気になっているので混雑しているのは簡単に想像できますよね。

予約できたら良いなと思いますが、実際できるのか?調べてみました。

(楽天で購入できます) 

名古屋栄objectは予約できる?

結論から言うと、objectは予約できません

では、objectの混雑状況はというと、平日でもまだまだ人が多そうです…

週末に比べれば比較的少なめではあるので、平日がおすすめなのには変わりありません。

また、夕方になると人気ワッペンの当日在庫がなくなってきてしまうこともあるため、できるなら午前中がおすすめです。

8月下旬の週末に近くを通った際は、12時頃でお店の前と道路挟んだ向かい側に列が伸びていました。

残念ながら陰があまりないので、暑さ対策はしっかりしていくことをおすすめします。

週末だとオープン30分ほど前からは列ができ始めるので、オープンと同時に入店したい場合は早めの到着が必要ですね。

ではobjectにはどう行くのか?もご紹介します。

名古屋栄objectの最寄り駅や行き方は?

objectの最寄り駅は、名古屋市営地下鉄の矢場町駅です。

名古屋市営地下鉄の栄駅からも行くことができます。

どちらから歩いても10分かからないくらいで着きますよ。

名古屋駅から栄駅までは、地下鉄東山線1本で行けます。

名古屋駅から矢場町駅に行くには、栄駅で東山線から名城線への乗り換えが必要です。

ただ、JRや名鉄で名古屋駅まで出る方であれば、そのまま名古屋駅を通り越して金山駅まで行くと、金山駅から矢場町駅までは名城線1本で行けます。

どちらの駅もobjectまでの距離には若干しか差がないので、使いやすい路線で行ってみてくださいね。

名古屋栄objectのまとめ

2023年4月28日にオープンしてから大人気のobject。

韓国語のワッペンやアルファベットのワッペンがあることから、可愛いグッズとしてだけでなく、推しグッズとしても人気ですよね。

まだまだ人気でなかなかゆっくりとワッペン選びをすることは難しいかもしれませんが、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

素敵なオリジナルワッペンができますように!

コメント